歯医者さんで子どもの顎を広げる床矯正の相談をしよう

歯

銀歯を卒業しよう

男の人

虫歯治療で銀歯を入れたことのある人は多いでしょう。そんな銀歯は劣化すると虫歯の原因になってしまいます。館林市にある歯医者さんでは銀歯の変わりにジルコニアやセラミックを選ぶことができます。

もっと読む

グラつかない人工歯

インプラント

抜けた歯の代わりに入れ歯やブリッジを使っている人は多いでしょう。その方法だと左右の歯を傷つけてしまいますが、インプラントならその心配がありません。土台を埋め込んでいるので歯を支えにしなくてもいいのです。

もっと読む

子どもなら床矯正ができる

歯型

見沼区にはたくさんの歯医者さんがあります。歯医者さんでは虫歯や歯周病といった歯に関する病気を治すことができるのです。これらの症状の他にも、歯を失った部分にインプラントを埋め込んだり、アレルギーのある人に銀歯以外の素材で詰め物をしたり、歯並びを綺麗にしてくれるのです。見沼区にある歯医者さんの中には矯正治療を行なっているというところもあります。ほとんどの歯医者さんが歯に装置を取り付けてワイヤーで引き締めるブラケット矯正を採用しているでしょう。なぜ、この方法がよく用いられているのかというと0.1ミリという細かい単位で歯を動かすことができるからです。そのおかげで、軽度なすきっ歯だけでなく、凸凹度合いの強い乱ぐい歯や受け口、出っ歯などの矯正をすることもできるのです。この方法は1年や2年という長い年月がかかってしまうのですが、顎の成長が止まっている成人の矯正にも用いることができるのです。このブラケット矯正以外にも見沼区の歯医者さんでは床矯正という方法があります。これは顎の成長が止まっていない子どもに使うことができる矯正器具で、入れ歯のように自分で取り外しが行なえるのです。この床矯正の装置を取り付けておくことで歯が収まりきらない顎を広げて並びを整えることができます。また、一部分だけ矯正したいという人のために見沼区の一部の歯医者さんでは部分矯正も行なっているのです。歯のトラブルで悩んでいることがあれば、歯医者さんで相談するようにしましょう。専門的な知識を持っている医師が丁寧に相談に応じてくれます。

弱い薬剤で白くする

歯型

歯の黄ばみを落とす方法として、三重県の多くの歯科でホームホワイトニングが行なわれています。この方法ではマウスピースや濃度の低い薬剤が使われて、徐々に歯を白くすることができるのです。

もっと読む